北陸のおじさん運営サイト。SM、奴隷、調教、野外露出。素人M女性SM調教体験。M女性が楽しめるサイトを目指します。
今回のエッチな事研究会は、「中イキ(挿入でイク)」の解説です。

イクという事に関しての相談は、とても多いです。
大体は、「イケるようになりたい」「中イキしたい」の二つです。

イク事自体については、クリトリスの刺激でイクようになる女性は、わりと多いです。
ですが、中イキは、とても難しいです。


★★★中イキ

実は、膣の中は、わりと鈍感で、クリトリスのように、刺激すれば最初から感じる部分というのが、ないんです。
ですから、開発もされてない状態で、さらに心も感じてない状態で、挿入しただけでイクなんて事は、ありません。


膣の中の性感帯の代表は、Gスポットとポルチオ(子宮口)です。
膣の入り口付近(クリトリス付近)も感じますが、今回は、膣の中の二つをポイントにします。

挿入で快感を得たい場合は、基本的に、Gスポットとポルチオを開発する事になります。
特に、ポルチオの開発が効果的です。


【Gスポット】
膣の入り口から、大体、指の第二関節ぐらい入った部分の上(腹側)です。
指で刺激する場合に限っては、男性が刺激するコツを分かってしまえば、どんな女性も快感を得る事が出来ます。

この部分は、イクと直結する快感ではないですが、潮吹きと直結する快感です。
潮吹きについては、女性の経験に関係なく、男性がコツを覚えれば、潮吹き出来ます。

実際に、ちゅちゅ北陸の活動初期の頃は、潮吹きさせてあげる事が出来なかったのですが、現在は、経験の少ない女性でも、潮吹き体験をしていただいています。

Gスポットは、男性側の努力で、どんな女性も快感と潮吹きを体験出来るポイントです。

挿入で、Gスポットを刺激する場合の効果的な体位は、「ロールスロイス(女性が体をそった後背位)」、ちゅちゅ北陸ではオリジナル体位の「特等席」が好評です。


【ポルチオ】
ポルチオは、子宮の入口の部分です。
ここは、もともとは鈍感な部分ですが、開発すると、とても気持ちいい部分になります。

ポルチオが開発されると、中イキしやすくなります。
ポルチオの快感は、Gスポットよりも、イクに直結する快感です。

出産を経験すると、ポルチオが柔軟になるので、敏感になる事があります。
出産後に感じやすくなる事があるのは、これが原因です。

私の経験上、ポルチオは、ズコバコピストンするよりも、押し付けた方が良いと思います。
過去の参加女性の中で、中イキした女性を思い出してみると、大体の女性が、押し付けを繰り返すような動きで中イキしています。
中イキは出来なくても、この動きで、ポルチオを開発してみましょう。
(体位は屈曲位がお勧め)

指でポルチオを開発する事も出来ます。
指をGスポットよりも、さらに奥に深く入れると、ポルチオに届きます。
子宮の入口なので、形で分かります。
その部分を、押すようにして、揺らしてあげて下さい。
すぐに気持ちよくなるわけではないので、長い月日をかけて開発しましょう。

ちなみに、女性は感じてくると、子宮が下がってくるので、ポルチオを刺激しやすくなります。
慣れてくると、膣の中の形状で、女性の快感状態がわかるようになりますので、男性は、女性を気持ちよくするために、考えながら経験をつんでほしいと思います。


【心の快感】
さて、中イキする時に効果的なのは、ポルチオの開発なのですが、それよりも重要なのは、女性の心です。
毎度毎度いう事ですが、女性は心で感じる生き物です。
まずは、中イキの前に、言葉の愛撫、キス、触る、抱き合う、その他、あらゆる手段を使って、女性の心を感じさせましょう。


【補足】
中イキは女性の憧れだと思います。

ですが、イクには、「浅イキ」と「深イキ」があります。
中イキしても、それが「浅イキ」だった場合は、「深イキ」の快感には到底およびません。

「深イキ」については、いずれ記事を書くかもしれません。
今回のエッチな事研究会は、「イク」についてパート2。
「イク時の状態」についてです。

女性がイク時は、どんな風になるのか?

大きな声で、「イク、イク」と言う。

多くの皆さんは、そう思っているのではないでしょうか。
ですが、実際は、女性によって色々です。

AVを見ると、ほとんどすべての女優さんが、感じている時は「あんあん」大きな声を出して、イク時は、「イク~」と大きな声を出します。
ですが、これは、演出です。
すべての女性が、感じたら声を出して、イク時は「イク」と言うわけではありません。



●声と快感は別のもの

すべての女性が、気持ちいいと、あえぎ声を出すわけではありません。

すごく感じていても、小さな声の女性もいます。

気持ちよくなればなるほど、声を出さなくなる女性もいます。


もっと詳しく言うと、気持ちよくなればなるほど、あるいは、気持ちよすぎて訳が分からなくなるほど、自分の言動を制御できなくなるので、素の状態の感じ方になります。

変な声をだしたり、アヘ顔になったりします。



●イク時はイクとは言わない

すべての女性が、イク時に、「イク」と言うわけではありません。

ちゅちゅ北陸の歴史を振り返ってみると、イク時に「イク」と言わない女性の方が、多いような気がします。

イク時に、「イク」と言う子もいますが・・・。
「あ~っ!」「ん~っ!」「くぅ~っ!」など、感じている時の声を、ギュ~ッと凝縮した感じになる女性が多いですね。

イク直前に、「だめ」などと言う女性も、わりといます。

中には、快感が大きくなるほど声を出さなくなって、イク時は、まるで声が出なくなる女性もいます。

いつもは、「イク」と言う子が、いつもよりたっぷりと調教された日は、「イク」と言う事もできないまま、イッてしまう事もあります。



■■■■

AVでは、イク状態を演出する事が多いので、AV女優の感じ方やイキ方を見て、これが女性の通常の状態だと思ってしまう事も多いと思います。

ですが、実際は、女性によって、感じ方もイキ方も色々です。

女性と、しっかりコミュニケーションをとって、その女性の感じる時の状態、イキやすい状況、イク時の状態などに、注意深く気を配る必要があると思います。

女性との信頼関係(安心感)が、女性の快感を導きます。
そして、うまくいけば、イクにたどり着くと思います。
今回のエッチな事研究会は、「イク」についてです。


いきなりですが!

こうすればどんな女性でもイク事ができるというようなプレイは、存在しません。
m(__)m

男性と違って、女性のイクという現象は、個人差があります。
イキやすい女性もいれば、イキにくい女性もいます。
人によって、イキやすい体位、雰囲気、プレイ場所なども、様々です。



では、イキにくい女性について、少し解説します。
(記事の後半に、私が見てきた女性の色々なイク体験を書きますので、そちらも参考にして下さい)


■■イキにくい女性の原因は何か?■■

イキにくい原因は、精神的な問題です。

簡単に言うと、快感に集中できてないからです。
オナニーやセックスの最中に、本人は、そんなつもりはなくても、本能的に何かに気を使ったり、気にしたりしています。


■■どうすればイケるようになる?■■

まずは、オナニーでイク事を目指してみましょう。

クリトリスでイキやすい女性が多いので、最初はクリトリスでオナニーしましょう。

※快感に集中する方法※

・ちゅちゅ北陸のブログを読んだり、エロ動画を見たり、エッチな妄想をしたりして、出来るだけ心をエロエロに盛り上げましょう。

・もし、声を出しても問題ない環境なら、「気持ちいい」「ご主人様」など、声を出して下さい。
声を出す事で、自分を興奮させて、快感に入り込む事が出来ます。

・イク事を気にしないで下さい。
目的は、イク事ではなくて、オナニーを楽しむ事です。

・イケなくてもいいので、定期的に、『心を盛り上げながらのオナニー』を繰り返して下さい。
突然、イってしまう日がやってくるかもしれません。



●ちゅちゅ北陸に参加できる女性の場合

オナニーの時に、心が感じるように、言葉などで雰囲気作りをします。
一人でするオナニーよりも、格段に気持ちよくなりますし、イク可能性もアップできます。



「クリトリスを刺激するだけではなくて、心も興奮する事」「イク事にこだわらない事」
この二つに気をつけて、オナニーを楽しんで下さいね。
m(__)m




■■イクという事の色々事例■■

イクと言う現象は、女性によって様々です。
私が、ちゅちゅ北陸の歴史の中で見てきた、女性のイクの一部を書きます。


●イクと快感は別のもの

ある女性は、クリトリスをローターで刺激すると、すぐイってしまいます。
ですが、状態としては、「あっ、イッっちゃた」ぐらいの感じです。

ある女性は、めったにイク事はないのですが・・・。
イってない時でも、頭が真っ白になって、体は動けなくなるくらいに、快感に浸っています。

イってもそれなりの気持ちよさの女性もいれば、イカないけど凄く気持ちいい女性もいます。
イク事が、必ずしも、大きな快感になるわけではありません。



●同じイクでも気持ちで違う

あるM子ちゃんは、家でオナニーをする時は、わりと簡単にイキます。

このM子ちゃんと奴隷ごっこをする時は、言葉責めやキスをしながら、オナニーをさせます。
すると、一人でオナニーする時に比べると、イクまでに時間はかかるのですが、イッた時の快感は、一人オナニーの時よりも、格段に気持ちよくなります。

女性は、シチュエーションや雰囲気で、快感の大きさが変わります。
それは、イク事に関しても、同じようですね。



●人によってイキやすい条件が違う

あるM子ちゃんは、オナニーではイクのですが、中(膣の中)でイッた事がありませんでした。

ある日のプレイ中、ソファーでイチャイチャしながらM子ちゃんの心を興奮させた後、ソファーに押し付けるように、チンポを入れていじめたところ!
そのまま、イってしまいました。

事前のイチャイチャでM子ちゃんの心の愛撫が出来ていたのも原因の一つですが、ソファーに押し付けるような挿入の角度が、このM子ちゃんには合っていたようです。
同様のプレイで、高確率で中イキするようになりました。


ちなみに、イキやすい体位の話をすると、騎乗位がイキやすい子は、多いですね。
やはり、自分で動けるのは、いいようです。



●精神状態とイキやすさ

あるM子ちゃんは、オナニーでも、セックスでも、わりとイキにくいそうです。
ですが、ちゅちゅ北陸で、あるプレイをするようになって、すぐイってしまうようになりました。

このM子ちゃんは、お仕置き願望があります。
私(ご主人様)の言う事が聞けなくて、お仕置きされると思うだけで、興奮してしまいます。
そんなお仕置きプレイを繰り返した結果!
「まだ、イッたらダメだぞ」と言いながらいじめると、すぐイってしまうようになりました。

女性のイクは、精神的な要素が大きいという事だと思います。



●人によってはこんな風になります

最後に紹介するイクは、ちゅちゅ北陸ならではです。

あるM子ちゃんは、かなり奴隷願望の強いM子ちゃんでした。
調教(安心して快感に溺れていいですよ)が進むと、「ご主人様、ありがとうございます」を連呼しながら快感に溺れるようになりました。

そして、最終的には、四つんばいにさせて、軽くお尻を叩いたり、背中をなでたりするだけで、イクようになりました。

女性がイクのは、心ですね。




■■■■

女性なら、一度はイってみたいと思うのかもしれません。
ですが、あまりイクと言う事にこだわらないで、エッチな事を楽しむ方がいいと思います。

大事なのは、イッたかどうかではなくて、気持ちよかったかどうか、楽しかったかどうかです。
そうやって楽しんでいれば、いつか、イキたくなくても、イっちゃう日が来るかもしれませんよ。
(〃∇〃)v