北陸のおじさん運営サイト。SM、奴隷、調教、野外露出。素人M女性SM調教体験。M女性が楽しめるサイトを目指します。
エッチな事研究会!

今回は、「濡れる=感じているではない」というお話です。


女性のオマンコが濡れていると(ヌルヌル液)、女性が感じていると思っている人が多いと思います。

確かに間違いではないのですが、実は、おまんこが濡れている時、必ず女性が感じているわけではないそうです。

おまんこから出るヌルヌルの液は、基本的にオマンコを守る為に出る液体だそうです。
おちんちんとおまんこの摩擦を軽減させる為の役割という事ですね。

ですから、女性が感じてなくても、脳が「オマンコを守らなくては!」と思ったら、ヌルヌル液が出て、濡れるそうです。

もちろん、とても感じていて、「おちんちん入れてほしい~」と思っている時も、脳は「ならば摩擦からオマンコを守らなくては」と判断するので、濡れるのも間違いありません。

「感じるとオマンコが濡れる」のも間違いないですが、「濡れていても感じてない場合もある」というのも、間違いありません。


ここからは、以前も書いた、サラサラ液の話です。

女性が感じている時に出る液は、一般的なヌルヌルの液体ではなくて、サラサラの液体です。

このサラサラの液体は、膣の壁からじんわりと出てきます。

できるだけ、女性の心を気持ちよくしてあげて、このサラサラの液体が出てくるように、してあげたいですね。

このサラサラの液体が出るようになったら、やっと、本当のセックスのスタートです。
エッチな事研究会!


『愛撫で濡れたオマンコからは、ヌルヌルの愛液がでます』

『愛情で濡れたオマンコからは、サラサラの愛液が出ます』


ヌルヌル液は、すぐにかわきます。

サラサラ液は、なかなかかわきません。


と言う事は!


『愛撫で濡れたオマンコよりも、愛情で濡れたオマンコの方が、いっぱい気持ちよくなれます』
(〃∇〃)
■エッチな事研究会■

今回は、濡れる(愛液)についてです。

濡れる(愛液)には、二種類あって、ヌルヌルの愛液とサラサラの愛液があります。

多くの女の子が、体を愛撫されたり、ドキドキしたりする時に出る愛液は、ヌルヌルの愛液です。

一般的に、女の子のおまんこが濡れると言う場合は、このヌルヌルの愛液の事をさしています。

このヌルヌルの愛液は、おちんちんにこすれると、白くにごります。

そして、時間と共に、乾いていきます。



そして、もう一つ、別の種類の濡れる(愛液)があります。

それは、サラサラの愛液です。

このサラサラの愛液は、「心が感じた時」に出るようです。

このサラサラの愛液は、おちんちんにこすれても、何も変化はありません。

そして、このサラサラの愛液が出始めると、ずっとおまんこが濡れ続ける場合があります。

実際に、1時間ぐらい、おちんちんを入れ続けても、おまんこが乾く事はありませんので、ずっと感じ続ける事が出来ます。

たぶん、このサラサラの愛液は、出始めたら少しずつ出続ける場合があるようです。


きっと、こういう事だと思います。

・体が感じた時や興奮という意味のドキドキを感じた時は、「ヌルヌルの愛液」が出る。

・心から感じ始めた時や深く快感に浸った時は、「サラサラの愛液」が出る。



サラサラの愛液が出始めると、ずっと濡れ続ける事があるので、さらにエッチが気持ちよくなりますよ。

全国の男性陣は、女の子のおまんこから、サラサラの愛液が出るように、愛情いっぱいでエッチをして下さいね。
(^_^)v